レーザーで脱毛・・・その仕組みと注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

むだ毛処理の方法

サロンや医療機関で永久脱毛を行う場合、ニードル脱毛(針脱毛)もしくはレーザー脱毛というのが主流です。
この2つの脱毛方法は、ともに医療機関・もしくはエステティックサロンに通って施術してもらうものですが、この2つの脱毛方法は実は大きく異なるのです。
ニードル脱毛・針脱毛とは、毛が生えている毛穴の毛根をニードルで直接焼き、毛根を直接破壊することで、毛が生えてくるのを防ぐという脱毛方法です。
いわゆる永久脱毛というと、毛が二度と生えてこなくなるのをイメージされる方が多いと思いますが、現在、確実に毛を処理できるのはニードル脱毛だけだと言われています。
ニードル脱毛は、毛根ひとつひとつを針で焼いていくので、時間と費用がかかります。
毛根の中に針を入れていくため、痛みも非常に強く、いくらおしゃれのためとはいえ、途中で断念してしまう人もいるようです。
さらに、医療機関でなければ施術ができないため、費用も高額になりがちです。
ただし、一度ニードル脱毛で毛根を破壊してしまえば、二度と毛は生えてこなくなるため、一番確実な脱毛方法だと言えます。
次にポピュラーなのがレーザー脱毛でしょう。
レーザー脱毛は、エステティックサロンでは光脱毛・フラッシュ脱毛という名前で呼ばれることもありますが、レーザーの出力が違うだけで、脱毛原理は同じだと考えてよいです。
レーザー脱毛では、黒いものに反応するレーザーを肌に照射し、毛根を破壊するという脱毛方法です。
レーザーも針脱毛ほどではありませんが、レーザーを肌にあてたときに、やけどのような痛みを伴います。
医療機関・エステティックサロンで施術を受けるときは、その場で冷やしてもらえるので、痛みが続くようなことはありませんが、それでも人によってはかなりの痛みを感じるようです。
黒いものに反応するレーザーを使うため、肌が日に焼けているひとは、うまく脱毛の効果を実感できないようです。
また、一度レーザーを当てた部分でも、その後毛が生えてこなくなる、という人もいますが、毛が薄くなる程度で、完全に毛がなくなるという訳ではなく、がっかりしたという人もいます。
それでも、毛が薄くなれば、その後の自己処理がぐっと楽になるので、まずはお手軽で安いエステティックサロンの光脱毛・フラッシュ脱毛をためしてみて、気に入ったら医療機関で高出力のレーザー脱毛を利用して本格的にレーザー脱毛を行う、というのもいいかもしれません。

美容や脱毛についての話は深く知るならココをブックマークしましょう

Copyright (C)2017レーザーで脱毛・・・その仕組みと注意点.All rights reserved.