レーザーで脱毛・・・その仕組みと注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

脱毛と部位

同じレーザー脱毛を行った場合でも、部位によって効果の表れ方が異なるというのをご存知でしょうか。
脱毛サロンで使われているレーザーというのは、黒いものに反応します。
このレーザーの光が黒いものに反応するというのがポイントです。
毛が太くて黒い場合、レーザーの光がよく反応し、脱毛の効果も表れやすくなるのです。
黒くて太い毛が生えやすい部分としては、例えばワキやVライン(いわゆるビキニゾーン)があげられます。
これらの部分には、髪の毛のような、太くて黒い毛が生えています。
レーザーをこれらの部分に当てるとレーザーがよく反応し、毛が効率よく処理できるということです。
また、一般にレーザー脱毛を行うと、処理した部分には細い毛が生えてきますが、元の毛が太い場合、処理後に生えてくる細い毛との違いが分かりやすく、脱毛を続けるモチベーションを保ちやすいと言えるでしょう。
実際、ワキなどは、何度もカミソリによるむだ毛の自己処理を続けていくと、肌がざらざらになったり、埋もれ毛が発生して肌そのものが汚くなってしまいます。
レーザー脱毛を行うことで、肌の状態も美しく保つことができるので、レーザーによるむだ毛処理が適していると言えるでしょう。
また、ひざなど、角質が分厚く、埋もれ下が発生しやすい場所もレーザーによるむだ毛処理が適していると言えます。
レーザーで処理を行うことで、むだ毛の自己処理で発生しやすい埋もれ毛を防ぎ、美しい仕上がりになるでしょう。
一方、レーザーによる脱毛が向いていない部分というのもあります。
その例が顔のうぶ毛です。
先ほども述べたように、むだ毛処理で使うレーザーは、黒いものに反応します。
一方、顔のうぶ毛というのは、細くて色も明るいことが多いものです。
レーザーを照射しても、なかなか思ったように処理できず、脱毛効果を実感するまでにかなりの時間・レーザー照射回数が必要になり、費用も高くなりがちです。
顔のうぶ毛というのは、オシャレをする上でも、ないほうが顔色が明るく、化粧も映えると言われていますが、レーザーで処理するのは難しい部位の一つです。
顔のうぶ毛を処理したいと考えている女性は、顔のうぶ毛の脱毛を得意とするサロンに相談してみるのも一考でしょう。
さらに、一般的に、日焼けをしていて肌が黒い人は、レーザーによる脱毛処理で思ったような効果が得にくいものです。
これは、レーザーが黒いものに反応するにも、肌の色が黒いと、うまくむだ毛だけ処理することが難しいためです。
Copyright (C)2017レーザーで脱毛・・・その仕組みと注意点.All rights reserved.