レーザーで脱毛・・・その仕組みと注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

サロンの種類

雑誌などを見ていると、むだ毛処理に関する広告がよく出ています。
実は、続にいう脱毛行為を行うところには、医療機関とエステティックサロンという違いがあり、場所によって受けられる脱毛行為に違いがあるというのはご存知でしょうか。
脱毛というと、永久脱毛という言葉が浮かびます。
これは、むだ毛を処理すれば、その部分に二度と毛が生えてこなくなるということですが、この永久脱毛の効果が実際に確認できているのは、実は針脱毛(ニードル脱毛)だけです。
針脱毛で処理を行うと、毛穴に生えている毛根そのものを処理することになるので、処理した毛根からは毛が生えてこないという仕組みです。
もちろん、新たな毛穴・毛根が発生し、毛が生えてくることはあるようですが、永久脱毛として最も効果が高いのは針脱毛でしょう。
この針脱毛は、エステティックサロンで施術を受けることはできません。
美容外科・整形外科など、医師が所属する医療機関でないかぎり、針脱毛による処置を受けることはできないのです。
針脱毛を希望する場合は、はじめから医療機関を探す必要があります。
一方、レーザー脱毛はエステティックサロンでも受けることができますが、エステティックサロンでは光脱毛・フラッシュ脱毛と呼ばれます。
これは、エステティックサロンでは、医療機関で使われるレーザー脱毛と同じような原理を用いて脱毛行為をおこなっているものの、エステティックサロンでは機材のレーザー出力に制限があり、弱めの設定になっています。
また広告上の種々の制限があり、光脱毛・フラッシュ脱毛という名称を使っているのです。
エステティックサロンと医療機関で受けられる脱毛には、実際どのような違いがあるかというと、これは機械の出力の違いです。
医療機関で使われるレーザーの方が強いため、早く脱毛効果を実感できます。
エステティックサロンでは、レーザーの出力が弱く、脱毛効果を実感するまでに通わなければならない回数が増えがちです。
一方、エステティックサロンでは、値段が格安に設定されていることが多いようです。
何度も通わなければならない場合でも、料金設定がお得なので、比較的経済的な負担が少なくてすむというのは、エステティックサロンで脱毛をする利点と言えるでしょう。
脱毛に関して様々な広告が出ていますが、エステティックサロンと医療機関の違いを理解し、賢くむだ毛を処理して夏の肌見せファッションを楽しめると良いですね。
Copyright (C)2017レーザーで脱毛・・・その仕組みと注意点.All rights reserved.